7979円 デメテル デメテル 車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート DMT90306 ペット・ペットグッズ 犬用品 ドライブ・アウトドア カーシート・ドライブボックス 7979円,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , ドライブ・アウトドア , カーシート・ドライブボックス,/jirble156284.html,lfviagens.tur.br,デメテル,車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート,デメテル,DMT90306 流行 デメテル 車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート DMT90306 流行 デメテル 車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート DMT90306 7979円,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , ドライブ・アウトドア , カーシート・ドライブボックス,/jirble156284.html,lfviagens.tur.br,デメテル,車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート,デメテル,DMT90306 7979円 デメテル デメテル 車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート DMT90306 ペット・ペットグッズ 犬用品 ドライブ・アウトドア カーシート・ドライブボックス

流行 デメテル 車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート 格安店 DMT90306

デメテル デメテル 車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート DMT90306

7979円

デメテル デメテル 車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート DMT90306








車の中に熱気をソーラーファンで外に排出するファン+遮光シート
【車用換気扇オートファン】
暑い日の車内、ドアを開けたときのあのもやっとした熱気を軽減させ、
涼しくしておくための冷却ファンです。

そのエコロジー構造により、淀んだ車内の熱気を吸い出して、
外側からより冷たい空気を車内に取り入れることで再循環させます。

■とっても経済的でエコロジー■
熱からダメージを受けるアイテムの寿命をのばす他に
車内の空気調節を太陽のエネルギーで自動で行うため、
本来ならばクーラーで車内をクールダウンさせるようした時間を軽減してくれます。

■使いやすく・お手軽簡単■
窓を開けて、本体をトップに置いて、窓枠に当てはめ、ドアを閉めたときの
すき間をゴムベルトで調節します。
あとは太陽電池板が太陽の光を集めて、自動で動作します。
オープンカーなどを除いてほとんどの車に対応出来るので使いやすい。

【カーウィンドー遮光シート】
一年中使える
夏:直射日光・高温対策
冬:凍結・積雪防止
その他:車中泊時のプライバシー確保に

ドアに挟んで止めるだけのかんたんカーウィンドーシート

車のフロントウィンドーにパッと広げて、両端をドアに挟んで止めるだけ。
手軽に設置できるのに、風が吹いても飛ばされない安心設計。
夏は、直射日光によって高温になる車内や、厚くて握れないハンドルの対策に。
冬は、ガフロントラスの凍結防止や、
積もった雪をシートごと除くことができる時短アイテムに。
さらに、パーキングエリアでの車中泊時に使えば、
車内のプライバシーを高めることも可能です。

軽自動車・普通車・大型セダン・ミニバン対応

取り付け方法
両端の耳部分を、車内へ折りたたみ、ドアで挟んで固定。
※車内にシートが垂れさがらないようにする吸盤付き
※フロントウィンドーとドアの開口部の間に、
 三角窓などが残る一部の車種では、取り付けられない場合がございます。

○フロントの窓ガラスに広げたら、ドアに挟んで止めるだけ
○車内に折りたたんだシートが垂れ下がらないようにする吸盤付き
【車用換気扇オートファン】
●サイズ(約)15×11.5×6cm
●重量(約)196g
●材質:ABS樹脂、ゴム(CN)
※スモークガラス、UVカットガラスかど一部のガラス、
大型のドアバイサーが付いた窓にはご利用いただけない場合がございます。

【カーウィンドー遮光シート】
■対応サイズ(約):幅150cm×高さ80cm(最大)
■素材:ポリエステル(アルミコーティング)
■対応車種:軽自動車、普通車、大型セダン、ミニバン他
■生産国:中国
■その他
※車内にシートが垂れさがらないようにする吸盤付き
※フロントウィンドーとドアの開口部の間に、三角窓などが残る一部の車種では、取り付けられない場合がございます。
●保証:初期不良のみ

デメテル デメテル 車用換気扇オートファン+カーウィンドー遮光シート DMT90306

スマートフォン表示用の情報をスキップ

新型コロナウイルス感染症関連トピックス

各種相談等の窓口(新型コロナ関連)

トピックス(新型コロナ関連)

トピックス(市政全般)

広告欄

広告をクリックすると別ウィンドウを開いて外部サイトへリンクします。

(注意)京都市が特定の事業者を推奨するものではありません。広告内容に関する質問等につきましては,直接,広告スポンサーにお問い合わせください。